トップに戻る

スタッフブログ

スタッフブログ

沖縄伝統料理「ジューシー」のいろいろ


2021.06.25

あめ

気温28℃

湿度85%

ハイタイ!

ホテルサンパレス球陽館の仲嶺です(^-^)

先の天気予報からも「6月中の梅雨明けはなさそう」とのことで

雨対策万全で出勤しましたが午前中束の間の青空。

清々しいですね^^

久々の青空に鳩も快適そう?

 

さて、

タイトルの「ジューシー」。

沖縄通の方なら「クファジューシー=(本土で言う炊き込みご飯)」と

雑炊のような「ボロボロジューシー」があることをご存知だと思います。

(サンパレスの朝食で日替わりに出るのは「ボロボロジューシー」の方です^^)

多くの沖縄そば屋さんでもメニューにある「(クファ)ジューシー」。

無性に食べたくなり久々にコンビニで購入しました。

 

それぞれ食べたことはありましたが改めて食べたとき右のオニコロのジューシーの味が

非常ーーーに物足りなく感じたのです。

比べるために別の日に同時購入。

個装の方を食べると「コレコレ~!!!」な味。

どちらもジューシーですが大きな違いとして感じるのは「豚油」の量?

写真右「あっさり」に比べ左「こってり」といったところでしょうか。

どおりで自宅で作った時もこってり感が足りなかったわけだ。。。(豚油を入れておらず)

 

全国各地のコンビニではご当地メニューが総菜コーナーにあるかと思います。

沖縄でもジューシーの他、ミニそば・ゴーヤーチャンプルー・フーチャンプルー・タコライス・など

お弁当として並んでいますよ。

意外にもコンビニはご当地商品があり楽しめる場所の一つです♪

来沖の際は、好みの味・物を探してみてくださいね(^-^)

 

(おまけ)

分かりやすいジューシーの説明↓↓

*************************************************************************************************************

(ネットより抜粋)

■ ジューシー

豚肉と、ひじきやにんじんなどの野菜を具に、

豚肉の茹で汁や昆布のだし汁で炊き込んだ沖縄風の炊き込みご飯です。

冷や飯の活用法としてうまれた「雑炊(ぞうすい)」が琉球語となったものとされます。

祝膳料理や法事料理として、また沖縄そばとのセットは沖縄県の食堂における定番メニューとして人気があります。

硬めに炊かれたものを「クファジューシー」、おじや風に雑炊としたものを「ボロボロジューシー」、

他にも地域によってヨモギやかまぼこを入れるなど、各家庭で様々なバリエーションが存在します。

**************************************************************************************************************