トップに戻る

スタッフブログ

スタッフブログ

世持神社(よもちじんじゃ)


皆様こんばんわ。“揚げ物控えめ高級オードブル”予約受付中の2階球陽でございます。

思えば近くへ来たもんだ13、今回は前回と同じ奥武山公園内にある世持(よもち)神社のご紹介です。

世持神社は沖縄産業の三恩人、野国総官(のぐにそうかん)、儀間真常(ぎましんじょう)、祭温(さいおん)を祀り、農林・糖業関係者を中心に昭和12年に創建されました。世持とは「豊かなる御世、平和なる御世を支え持つ」という意味の沖縄古語です。
社殿は戦火で焼失、神体と鳥居は戦火を逃れましたが、戦後占領米軍との関係で元の場所での神社の再建が不可能となりました。
昭和27年那覇市大道(だいどう)に奉斎され、その後那覇市の波上宮(なみのうえぐう)に預けられて仮宮として管理されています。
戦後紆余曲折を経て世持神社は社殿と鳥居は奥武山、神体は波上宮で管理されています。

画像は奥武山公園内の世持神社の様子です。次回は沖縄の三恩人、野国総官、儀間真常、祭温についても語りたいと思います。

 

サンパレス球陽館のお電話番号は098-863-4181です(^-^)

ランチ