トップに戻る

スタッフブログ

スタッフブログ

沖宮(おきのぐう)


皆様こんばんわ。“テイクアウトお弁当”好評予約受付中の2階球陽でございます。

今日は思えば近くへ来たもんだ13、那覇市奥武山(おおのやま)町、奥武山公園内の沖宮(おきのぐう)のご紹介です。

沖宮の起源は那覇港にいつも光っているものが見え、琉球国王が網ですくわせました。枯木であったが霊木と知り社を建て、この木を泰安したとのが始まりといわれています。以後、中国や薩摩、離島へ航海する船人がたちは沖宮を拝んでから出向していました。

琉球八社のひとつです。琉球八社とは琉球王国が定めた「琉球八社(官社)の制」によって特別な扱いを受けた神社です。沖宮、波の上宮、識名宮、普天間宮、末吉宮、安里八幡宮、天久宮、金武宮が琉球八社です。

埋め立てのため明治41年に安里八幡宮の隣に移り、本殿は昭和13年に国宝に指定されましたが戦争で焼失。昭和50年に奥武山公園内に再建されました。本殿、拝殿、鳥居、御嶽、弁財天、売店、パーラーなど小さいながら多彩です。

小禄・豊見城一帯の景色も眺めることができます。すぐ隣はプールがあり、歴史的建造物と近代最新プール施設のユニークな組み合わせも見ることができます。

 

サンパレス球陽館はランチ松花堂と懐石料理予約受付中です。(前日までの予約制、2名様から可能です)

お電話番号 098-863-4181です(^-^)

ランチ