トップに戻る

スタッフブログ

スタッフブログ

ゆいレールファンの長いつぶやき3 儀保駅


皆様こんにちは。“お弁当は続くよどこまでも”2階テイクアウト球陽でございます。

先日始まったゆいレールさんの公式Twitterで新企画「モノレールのひとによる、まち歩き・これ発見!」楽しみに拝見しています。

今日は海の日ということで、ゆいレールファンの長いつぶやき3は急遽予定を変更して「儀保駅」について語らせて頂きます。

なぜ急遽儀保駅かというと儀保駅は海抜約90mの高地にあり、天気がいい日には慶良間諸島や周辺の海が見ることがでします。なので海の見える絶景ポイント駅の儀保駅のご紹介です。

儀保町の簡単な歴史は首里城公園の北西側の位置し、方言でジーブと言います。ジーブとは土砂の堆積地を意味します。かつては石垣、大きな岩山があったようです。

はじめ首里区の儀保村、首里市の儀保、今は那覇市の首里儀保町となっています。昭和31年から首里を冠称しています。ちなみに「石嶺駅」のある石嶺町も正式には首里石嶺町、「首里駅」は首里汀良(てら)町にあります。結構首里の範囲は広いです。

かつての計画書には儀保駅は儀保三差路付近に計画を想定していました。

今では儀保交差点とは儀保十字路をいいますが、昔は儀保三差路だった。と話しは聞いたことがあります。

三差路から十字路へと変わる新しくできた今ではおなじみの道路についても語りたいので、続きまた次回にて。今日もありがとうございました。

※参考文献 株式会社 角川書店 「角川日本地名大辞典 47 沖縄県」より

 

<うっすらと慶良間諸島や周辺の海がみえる儀保駅から那覇市街の眺め>

 

<ゆいレールさんの公式Twitter>

<月曜日、火曜日は宴会特別割引中です> サンパレス球陽館のお電話番号は098-863-4181です。

宴会プラン